看護部のご紹介

  • 看護理念vision

    1. 個人の尊厳を大切にした、
          温かな看護・信頼される看護 を実践します
  • 看護方針policy

    1. 職員がいきいきと安心して働ける職場づくりに努めます
    2. 安全・安心・信頼の看護を提供します
    3. 専門職として、根拠をもった質の高い看護を目指します
  • 看護目標aim

    1. 看護専門職としての自覚と誇りをもってチーム医療を意識し他職種との連携を密にする
      ①「精神科看護倫理綱領」に基づいた信頼される看護実践
    2. 医療安産・感染対策の徹底
      ① 5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)への取り組み
    3. 教育体制の充実による人材育成・現場実践力の向上
      ① キャリア手帳を用いた目標面接

看護部長挨拶

看護部長 写真 看護部長 山口

 2020年11月21日付けで看護部長として歩み始めました。

 看護部の進むべき道をしっかりと示せるように、患者様・職員の声に耳を傾け何事にも意欲的に取り組んでいきます。

 看護部としては、常に患者様に対して良心を持って接し、真心のこもった質の高い看護を提供し、看護師一人ひとりが充実したやりがいを実感できるように職場環境を整えていきたいと考えております。

赤穂仁泉病院 看護部の取組み

看護の質を維持しながら、働きやすい環境を創出。
有給消化率ほぼ100%を実現。休みの希望も言いやすい風通しの良い環境や院内託児所「いずみ保育所」の利用も特徴です。 さらに、勤務時間を8:30~16:30に短縮。出産後も長く働ける環境作りに最大限努めています。
意欲的に働けるチーム体制づくり、研修制度の充実を強化。
業務改善委員会を立ち上げ、主任を2人体制にすることで報・連・相をスムーズに。
業務改善委員会を立ち上げ、現場スタッフや主任看護師、師長との連携を強化。 看護技術のチェックリストを作り、業務に対する意識の向上を図りました。 病院内外での研修にも積極的に参加できるような環境を整えたり、 プリセプター制度を採用したりするだけでなく、主任の2人体制化を実現。 現場の声をよりスムーズに共有できるように努めています。